これはやってみたい!これからの季節に大活躍のスカーフホルダーDIY このエントリーをはてなブックマークに追加

diy-scarf-holder
これはやってみたい!これからの季節に大活躍のスカーフホルダーDIY。

だんだん寒い日も増えてきましたね。
今日は少し肌寒い季節にぴったりのファッションアイテム、スカーフを掛けることが出来るスカーフホルダーのDIYをご紹介します。
diy-scarf-holder
【用意するもの】
・木製洗濯バサミ
・バルサ材など、ちょうど良い大きさの木材
・木工用ボンド
・好きな色の塗料
・ペイントブラシ
・壁に固定するためのコマンドフックや釘など
 
diy-scarf-holder
まずはじめに、好きな色の塗料で洗濯バサミの上端を塗っていきます。
家族が多い人や掛けるものを区別したい人は、それぞれ違う色に塗ったりしても良いですね。
 
diy-scarf-holder
塗料をよく乾燥させたら、次は洗濯バサミを土台にレイアウトしていきます。
写真は等間隔になるようにきれいに並べられています。
 
diy-scarf-holder
レイアウトが決まったら、いよいよ木工用ボンドで洗濯バサミを固定していきましょう!
このとき、ボンドがはみ出ないようにすると仕上がりが美しくなりますよ。
 
diy-scarf-holder
完全にボンドが乾いたら、コマンドフックなどのアイテムで壁に固定させましょう。
スカーフより重いものをかける予定の人は、釘などでしっかり壁に固定させてください。
土台の両端に穴を開けて、紐などで壁がけするのも良いかもしれません。
 
そして、完成です!
diy-scarf-holder

diy-scarf-holder

diy-scarf-holder
見た目もおしゃれで、どんなスカーフが掛けられているかも一目瞭然なスカーフホルダー。
色や土台になる板の形を変えれば、お部屋の雰囲気にあったインテリアになると思います。
ただ、あまり重いものはかけないように、注意してくださいね。
それでは皆さんもケガなど気をつけて、レッツDIY!

via: Easy DIY Clothespin Scarf Holder

この記事を書いたキュレーター: Sumika

インテリアコーディネーターin表参道。食べることが幸せ。美味しいお店教えて下さい。

←次の新しい記事:
→前の古い記事: