シンプル イズ ベスト!さっぱりとした一人暮らしアパートメント このエントリーをはてなブックマークに追加

a-single-man-flat
シンプル イズ ベスト!さっぱりとした一人暮らしアパートメント。

台湾・台北のアパートメント。
シンプルな配色が参考になる、一人暮らし物件です。
ブルーやグリーンの寒色系でまとめていながら、照明は白熱電球色で温かみを感じさせてくれます。
電球を選ぶときには、物の見え方を示す演色性にも気を使って選んでみましょう。
食事をする為の明かりなのか、仕事をする為の明かりなのか、その場や用途に合った電球を選ぶことが大切です。
そして、この部屋の窓にはカーテンではなく、壁を覆うようにバーチカルブラインドが用いられています。
ブラインドは、外からの視線を遮ったり、日差しのコントロールをしやすいウィンドウトリートメントなので、場合によってはカーテンやロールスクリーンよりも重宝するかもしれません。
私が昔使っていた部屋は、西日が差し込む部屋だったので、窓にはブラインドを採用していました。
日差しを遮りながら風を取り込めたり、大活躍でしたよ!(ただしお掃除がちょっと面倒……)
……と、少し脱線してしまいましたがシンプルで住みやすい部屋って素敵ですよね!
皆さんのお部屋作りの参考になれば幸いです。
a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat

a-single-man-flat
ベッドサイドの本棚って便利ですよね!
日本は地震大国なので、扉があったほうが安心かもしれません。
しっかりとした地震対策をしてください。
via: A Single Man Flat by Cloud Pen Studio | HomeDSGN

この記事を書いたキュレーター: Sumika

インテリアコーディネーターin表参道。食べることが幸せ。美味しいお店教えて下さい。

←次の新しい記事:
→前の古い記事: