少しでも多く収納したい!可動式の棚で空間を区切る部屋−Movable Shelving このエントリーをはてなブックマークに追加

movable-shelving
少しでも多く収納したい!可動式の棚で空間を区切る部屋。

スペイン・マドリードを拠点に活動する〈PKMN Architectures〉によって設計されたアパートメント。
特徴は勿論、この棚。
侮るなかれ、ただの棚ではありません。
一般的な本棚の他にも、机になったりベッドになったり、キッチンの作業台になったり……。
廊下などを作らなくていい分スペースを有効に活用し、且つ可動式で裏表使えるので、収納スペースもたくさんとることが出来ますね。
日本の場合、ベッドを敷き布団にすれば日中少しでも部屋を広く見せることが可能です。
しかし、布団文化がない海外では、寝る場所(ベッドやソファベッド)を普段片付けておくことができません。
ベッドが仕舞えるというのは、かなり省スペースになるようです。
かなりボリュームがあるようなので、日本のアパートには不向きですが、例えば広いウォークインクロゼットの中にこの可動式の棚を取り入れてみたり、アイディアの一つとして心に留めておくと後々何かに役立つかも……?笑
movable-shelving
movable-shelving
movable-shelving
movable-shelving
movable-shelving
movable-shelving
movable-shelving
movable-shelving
movable-shelving
via: Small Apartment Uses Movable Shelving to Create Endless Design Combinations

この記事を書いたキュレーター: Sumika

インテリアコーディネーターin表参道。食べることが幸せ。美味しいお店教えて下さい。

←次の新しい記事:
→前の古い記事: