ガシャーン!割れた瞬間を捉えた電球インテリア-Breaking Bulbs このエントリーをはてなブックマークに追加

breaking-bulbs

ガシャーン!割れた瞬間を捉えた電球インテリア。

また電球!? この人どんだけ電球好きなんだよ!って思った方、いらっしゃったらすみません。
(先日の記事⇒ 『これはランプシェード要らず!そのままの形が美しすぎるLED電球』
今回も電球型ランプですが、こちらはスウェーデンのデザイン会社〈Gässling〉で販売されているインテリアです。
電球が割れる一瞬の瞬間を捉えたこちらのランプ、いったいどうやって作っているのでしょう?
実はこれ、3Dプリンターで作られたものなんです。
「伝統的な手法では製造不可能なオブジェクトをつくりたかった」と、このランプをデザインしたJoakim Christoffersson氏は述べています。
先日紹介したランプは手作りにこだわり、一つ一つ職人の手で生み出されるものでした。
そしてこちらは新しい技術を活用し、今までは作れなかったようなものを大量生産することに成功しています。
180度違うようにも見えますが、そのデザインの探求心はどちらも違わないのでしょうね。
なんだか感銘を受けました。
さて、ちなみにこのランプは3種類の割れ方があるらしく、いずれも€399(日本円でおよそ5万4000円)で販売しているそうです。
なんだか手が届きそうな価格設定……少し欲しくなっちゃいますねw

breaking-bulbs

breaking-bulbs

Smashed-3D-printed-bulb-4
via: Breaking Bulbs: 3D-Printed Lamps Seem to Shatter | Designs & Ideas on Dornob#axzz3CXlgaDuA#axzz3CXlgaDuA

この記事を書いたキュレーター: Sumika

インテリアコーディネーターin表参道。食べることが幸せ。美味しいお店教えて下さい。

←次の新しい記事:
→前の古い記事: